脳に影響を与える子ども時代の辛い体験

町の広報に、『それって本当に愛の鞭…?』という見出しの記事がありました。それによると、脳画像の研究により、子ども時代に辛い体験をした人は、脳に様々な変化が生じていることが報告されているそうです。

例えば、言葉の暴力により、聴覚野(声や音を知覚する脳部位)が変形したり厳しい体罰により、前頭前野(社会生活に極めて重要な脳部位)の容積が減少したりするなど。身体に痣が出来るほどの体罰でなくても、「死ね」などの言葉でなくても、大人にとってはそれほど酷いことをしているつもりのないことで、子どもの心が傷ついていることってあるんですよね。そして、成長して、そんな傷ついた出来事があったことすら忘れてしまっていても、覚えていて気になっているのなら尚更、それが生きづらさとなって影響を及ぼしていること、ありますよ。

私も、そんな生きづらさを長年抱えていた1人です(微笑)楽になりたくてもがきながら、様々なヒーリングに出会いました。トラウマのフラッシュバックに苦しんでいた時期のことを思うと、人様の心を癒やすお手伝いをしたいと思う今が訪れていることは奇跡のようです☆

今、とっても苦しい人。自分を深く癒やすためには時間がかかるかもしれない。それでも、新たな自分に出会うことを諦めないでほしいなぁ。私も、次の新たな自分に出会うために少しでも前に進んでいきたいと思っています。